FC2ブログ

スポンサーサイト

カール・ゴッチの逝去について

中高生ぐらいの頃、新日本プロレスを好きになって、その頃放送されていたワールドプロレスリングを毎回ビデオにとり、テープが伸びてしまうまで見返したりしていた。地元で興行があるときは遠い席だとしても必ず見に行ったし、いまだにオフォシャルTシャツを何枚か保存してある。 当時の新日は、スピーディで華麗な技の攻防もさることながら、レスリングに裏打ちされた堅実なテクニックが試合の基盤となり、時にはアクセントとな...

フォルクローレで大切なリズム

YouTubeを掘ってたら、チャケーニョ・パラベシーノが歌うボリビアはタリーハのクエッカがあった。YouTube - Chaqueño Palavecino - Morir cantando(Cueca Boliviana)ウーゴ・モンソン(Hugo Monzon)作のモリール・カンタンドという名曲です。ボリビアではエステル・マリソル(Esther Marisol)の歌で有名。 アルゼンチン人のチャケーニョ・パラベシーノは、「ボリビアのクエッカでは、通常1番で歌われた歌詞を2番でもその...

格闘技に寄せる想い

マウリシオ・ショーグンがUFC76に出陣!http://www.sherdog.com/news/news.asp?n_id=8406対戦相手がフォレスト・グリフィンというUFCの人気者。お客さんの歓声が多いのはどちらだろう。ちなみにこの大会ではチャック・リデルの復帰戦も組まれてる。復帰戦を勝利で飾ればヴァンダレイ・シウバとやることになるんかね。 ともあれ、UFCはPRIDEを吸収したことで選手層がぐっと厚くなって、急にマッチメイクの選択肢が増え始めた。PRID...

ボリビア人の来日マダー?

ここ数年はボリビアのプロ演奏家の来日が少ないね。去年は珍しくドン・エルネスト・カブールが来日して演奏したけど、それ以外では、アカパナの隔年の日本行脚の旅や、フェルナンド・ヒメネスがちょこっと来てみたりぐらい。もっと色んなタイプの演奏家が来れたら面白いのになぁ、と思います。 個人的な希望としては、チャケーニョのグループに来てもらって、がっつりとタリーハやチャコの音楽をやってもらいたい。ネグロ・パルマ...

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

先日のサッカーは残念な結果でした。でも、3位決定戦もあるからまだ楽しめそうです。またテレビ前で集中しながら観戦だ。 昔からテレビっこだけど、最近はサッカーを除くと、お笑い番組しか見なくなった。ガキの使い、やりすぎコージー、くりぃむナントカ、アメトーク、さまぁ~ず関連、この辺はなるべく見るようにしてる。 昨日のアメトークのブッチャーブラザーズ芸人は面白かった!ぶっちゃあさんのことはよく知らんけど、な...

サンポーニャの強度に関する秘密

初めて見たのはもう15年前ぐらい前のことになるか。 今はもうないけど、エバーグリーンミュージックというテレビ東京の番組に、ルス・デル・アンデ(Luz del Ande)が出たことがあって、そのときフェルナンド・ヒメネスが使っていたシーク(サンポーニャ)が、なぜだかテカテカと光沢を放っていたのです。自然物からは発しえないその妖しい輝き。ニスかなにかか?いやなんか違う。なんだろなー、不思議だなー、と思って誰かに尋ね...

ケーナの素材についてのあれこれ

ボリビアにいた頃は木製のケーナを吹いていたけど、日本に帰ってきてからは竹製のケーナを吹いています。竹製に変えることとなったきっかけは、長い間愛用していた木製ケーナを「失くしたから!」という、集住の笛の神様たちから叱責をいただくような理由なのだけど、慣れなのか好みの変化なのか、最近は竹製のものが気に入ってます。やわらかい音質がたまらんすなー。 ただ、日本のように季節の変化で気温や湿度が変わりやすいと...

地上最強のB級グルメ

いろんな作業をしていたらあっという間に一日が終わり。昨日の流れからミゲル・アンヘル・バルダ(Miguel Angel Valda)のピアノ譜を見ていたら、あまり有名ではない曲でもよさげなのがあったりして。「A pleno sol」(「ひなたで」かな?)はテーマに入るとこが面白い感じ。ちょっと演奏してみたくなる曲じゃ。 卵かけご飯、最強説!最近は味ぽんを少しかけていただくのにハマってます。今日も明日も明後日も。...

ボリビアの有名作曲家、シメオン・ロンカル

ボリビア人の作曲家を挙げたらきりがないけれど、その中でもシメオン・ロンカル(Simeon Roncal)は好きな作曲家の中の一人。Soledad、Huerfana Virginia、El Olvidoなど有名曲も多い中、最近はラ・ウルティマ(La Ultima)という曲に最も魅かれた。ロンカルがクエッカを作る際に好んだと思われる手法で、キンバに入ってからの平行長調や同主短調への一時的な切り替わりは、予想はしていてもぞくぞくしてしまう。鉄板進行っすな。...

ちびった

昨日のアジアカップ、日本×オーストラリア(試合詳細)は面白かった!ガチの国際試合はやはり興奮するものですね。PKキッカー5人目の中澤選手がゴール右に決めた瞬間、思わず叫び声を上げるとともに、軽く失禁しそうになったよ。準決勝も見逃せないな。 でも、興奮しすぎて「時をかける少女」見逃した。原作と原田知世バージョンしか見たことないんで、おじさん扱いされる前に見ておきたかった。時間帯がかぶらなければねぇ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。