FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/100-48539677

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

チュンチョス(Chunchos, Chunchus)

ムシカ・デ・マエストロスや現在来日中のアカパナは、以前からボリビア山岳地帯以外の音楽も紹介してくれています。先日の公演でもチョベーナ(Chovena)やルエダ(Rueda)などいくつかのなじみのない音楽を紹介していましたが、特にチュンチュス(Chunchos, Chuchus)については特に知られていない部類だと思われますので、分かる範囲内で説明をば。

チュンチョスYouTube - Chumcho Coimata
チュンチョスはグラン・チャコと呼ばれる地域(パラグアイとの国境付近)の先住民トバ族(Tobas)のもの。現在ではタリーハ市(Tarija)にあるサン・ロケ教会(San Roque)のお祭りで踊られることで有名です。

さてその起源ですが、口承によると、かつてこのトバ族はハンセン病の集団感染に苦しんだ時代があったんだそうです。病によって生活に困窮したトバ族は、顔をベールで隠し、手に持った木片を打ち鳴らしながら、物乞いのために町中を練り歩きました。そして、木片の音でその来訪に気付いた女性住人達は、慈愛の精神をもって食べ物を分け与えていたんだとか。

現在のチュンチュスが踊られる意義は、サン・ロケへの健康と安全の祈願です。9月のお祭りの時期になると、タリーハ市街で笛と太鼓の音に合わせ踊られます。一度見に行ってみたかったんだけど、まだ現物は見たことがありません。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/100-48539677

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。