FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/126-8d6360d5

-件のトラックバック

-件のコメント

[C21] Trencito

このグループ、最近のアルバム「Escarcha y sol」
をディスコアンディーノさんに送ってもらって
聴いていたところでした。
ほんと超越した「アンデス音楽」って感じで
改めて感動です。

失礼ながら当の南米人にはできそうにない
組曲としての完成度の高さ、
伝統音楽にこれでもかっというくらい
リスペクトを払った上で、
独自の音楽を構築しようとする試み、
すべてが白眉なんでないでしょうか。
日本に帰ってボリビア音楽をベースにやっている
僕らにとっては、
ひとつの好例としておおいに示唆に富む
グループだと思います。

それだけに日本の「フォルクファン」には
ほとんど無名であり続けているのが残念であり、
もしくは、日本のこのジャンルの世界の狭隘さを
物語っているような感もありますね。
  • 2008-04-14
  • Daijito
  • URL
  • 編集

[C22]

そのアルバムもたまらないですね。ぼくも大好きです。

>伝統音楽にこれでもかっというくらい
>リスペクトを払った上で、
>独自の音楽を構築しようとする試み

アウトクトナの良さを充分に分かった上でないとできない音楽だし、またアウトクトナを本当に愛してるんでしょうね。緊張感とともに伝わってくるなー。

皮肉なことにウケを狙ったであろう Overdrive での知名度が高すぎて、その印象をもたれることも多いんでしょう。一応聴きましたが、ハッキリ言ってアレなアルバムです...

[C32] TRENCITO

はじめまして。
私も初めて彼らのsortileges des Andesを聴いた時は椅子から転げ落ちるほど驚いたことを覚えています。個人的には歴史に残る名盤と思っています。ずっとヘビーローテーションでした。
ただ、日本のフォルクローレファンはフォルクローレに何と言うか……単純性?みたいなものを求めているように感じられます。彼らの論理的な音楽はあまり肌に合わない人も多いんでしょうねえ。残念ですよね。

[C33]

もちさんはじめまして。

Trencitos もっと評価されて欲しいなあ。聴いて好みが分かれるのはいいのだけど、彼らのことを知らない人もけっこう多いのではと思ってます。

記事とは関係ないですけど、いつもブログ拝見してます!

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Li puma e gli arconauti - Trencito de los Andes

久しぶりトレンシートスをまとめて聴いてたんだけど、すごくいい。彼らの説明はディスコ・アンディーノさんが詳しくしているので下記のリンク先を読むのがいいと思う。

TRENCITO DE LOS ANDES

彼らの音楽をちゃんと聴いたのは、実はボリビアに滞在中のことで、それまでは「アウトクトナを外人さんが一生懸命やってる感じの音楽なんだろう」と、すごく失礼な認識を持っていたんだけど、2003年ごろに Li puma e gli arconauti というアルバムに出会ったときに、「あーもうボリビアにいる必要ないかもなー」と思ってしまうぐらいの衝撃を受けた。

ヨーロッパの洗練された音楽とアンデスの土臭さの融和。他でもこういう試みをしている人がいるけど、これ以上上手くやった例は見たことがない。エル・アルトのシンフォニーがシクリアーダと共演なんてのもあるけど、ただ弦と笛が一緒に鳴ってるだけって感じの印象しか受けなかったし。

アルバムと同名の映画があってそのサントラ作品だよ、なんて言われても信じてしまうかも。それぐらいまとまった作品。また、ケルトとの融合もあったり、恒例の変なイタリア語のナレーションもあったりで洒落もきいてる。かわいい。

通して聴くとアンデスを旅行してるような気分になれる。外人だからできたのかもなあ。

トレンシート・デ・ロス・アンデス公式サイト

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/126-8d6360d5

0件のトラックバック

4件のコメント

[C21] Trencito

このグループ、最近のアルバム「Escarcha y sol」
をディスコアンディーノさんに送ってもらって
聴いていたところでした。
ほんと超越した「アンデス音楽」って感じで
改めて感動です。

失礼ながら当の南米人にはできそうにない
組曲としての完成度の高さ、
伝統音楽にこれでもかっというくらい
リスペクトを払った上で、
独自の音楽を構築しようとする試み、
すべてが白眉なんでないでしょうか。
日本に帰ってボリビア音楽をベースにやっている
僕らにとっては、
ひとつの好例としておおいに示唆に富む
グループだと思います。

それだけに日本の「フォルクファン」には
ほとんど無名であり続けているのが残念であり、
もしくは、日本のこのジャンルの世界の狭隘さを
物語っているような感もありますね。
  • 2008-04-14
  • Daijito
  • URL
  • 編集

[C22]

そのアルバムもたまらないですね。ぼくも大好きです。

>伝統音楽にこれでもかっというくらい
>リスペクトを払った上で、
>独自の音楽を構築しようとする試み

アウトクトナの良さを充分に分かった上でないとできない音楽だし、またアウトクトナを本当に愛してるんでしょうね。緊張感とともに伝わってくるなー。

皮肉なことにウケを狙ったであろう Overdrive での知名度が高すぎて、その印象をもたれることも多いんでしょう。一応聴きましたが、ハッキリ言ってアレなアルバムです...

[C32] TRENCITO

はじめまして。
私も初めて彼らのsortileges des Andesを聴いた時は椅子から転げ落ちるほど驚いたことを覚えています。個人的には歴史に残る名盤と思っています。ずっとヘビーローテーションでした。
ただ、日本のフォルクローレファンはフォルクローレに何と言うか……単純性?みたいなものを求めているように感じられます。彼らの論理的な音楽はあまり肌に合わない人も多いんでしょうねえ。残念ですよね。

[C33]

もちさんはじめまして。

Trencitos もっと評価されて欲しいなあ。聴いて好みが分かれるのはいいのだけど、彼らのことを知らない人もけっこう多いのではと思ってます。

記事とは関係ないですけど、いつもブログ拝見してます!

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。