FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/17-a77cb862

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

カーニバルがやってきた

高崎まつりが今日から始まるらしいぜ。昨日まで知らなかったけどな。

高崎まつりでは多くの山車(だし)が街中で見られるが、その数といい規模といい、実は全国でも有数のものである。

山車が使われるようになった起源は、諸説はあれど、明治維新以前までさかのぼると言われる。旧高崎藩主大河内家を祀る神社である頼政神社の祭典では、現在と形こそ異なれど、6台の山車(のようなもの)が使用されたことが当時の文献には記されている。

明治維新の後、大河内家が東京に移ったことで祭典は衰退の一途をたどることとなるが、山車については小正月の道祖神祭り、大正・昭和天皇の即位、高崎奉納祭などで使用されており、それらがいくつかのマイナーチェンジを経ながら、現在の市政による「高崎まつり」での山車へと受け継がれ発展してきたと言える。ちなみに現在の高崎まつりは公式webサイトによると、「『高崎まつり』は、神仏の信仰に基づいたものではなく、市民が参加し楽しむ事が出来る事を目的とした『市民の祭典』である」としており、一切の宗教性は排除したものとしている。

と、以上ここまでは、高崎の小学生のための自由研究用資料。小学生の諸君、遊びや遊びに忙しく時間がないのは分かるが、コピペだけはやめとけ。参考にする程度ならかまわんが、先生やお父さん・お母さんには内緒だお!

あと、花火大会の情報も書いておく。ピンポイント天気(高崎)によれば、今晩はにわか雨の可能性があるが、明日の方が雨が降る確率が高そうなので、今夜多少天気が悪かろうが強行開催するじゃなかろうか。以上!

昨日は早くも山車を車道に走らせて本番の予行練習をしてた。山車の上の子ども達のぴーひゃらどんどんに合わせて、リハをしていた部屋からケーナで祭囃子を追いかけると、「なんか違うところから音がするぜ?」と子ども達が山車の上できょろきょろしてる。すると下にいる大人に「よそ見するな!」と怒られてた。俺のせいじゃないからな。まぁ怒られ損ではない。祭りの笛はどうやらBb管ぽいってことが分かった。

とりあえず今日は街中をうろついてみることにする。誰も知り合いに会いませんように!

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/17-a77cb862

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。