FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/20-e1661cb3

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

あるボリビア人にとっての朝青龍関

ドルジこと朝青龍関。報道されているとおり、とても大変な時期みたい。なんとか現役続行できる方向で事が進んでほしいと願います。

そんな朝青龍に関するボリビアでのエピソードをば。

ボリビアにいた頃も、ケーブルテレビにNHKチャンネルがあったので、たまに大相撲を見る機会があった。自宅ではケーブルテレビの契約をしていなかったので、場所が始まると、自宅の向かいにある商店へと向かう。なぜならその店のカウンターには、店番の退屈しのぎのためか、ケーブルを引いたテレビが置いてあったからだ。店のオヤジはそんなずうずうしい俺に、煩わしそうな態度も見せず、いつも大きな心でウェルカムしてくれた。ありがたや。仲良くなってから知ったのだけど、オヤジは日本のことにずいぶんと興味を持っていて、言葉がまったく分からないのに、店番をしている間はずっとNHKを見ていたらしい。ここまでくると、日本好きというよりNHK好きなんじゃないかと思う。

で、そのオヤジが相撲を見ながらよく言っていたのが、「朝青龍がきらい」。俺は「彼は横綱といって、すべての力士の中でもナンバーワンなんだよ」と説明するが、それを分かった上でも気に入らないらしい。その理由を尋ねると、「あのカメラに見得を切る様なんかねぇ・・・対戦相手へのリスペクトが欠けるし、謙虚さがないよ。」と。うーん、外国人にもそういう姿勢って伝わるもんなんですね。ものすごく興味深かった。あんた、横綱審議会に入れよ、と思った。

ちなみにそのオヤジは高見盛関を見るといつも爆笑していた。あの不思議さも万国共通らしい。そしてオヤジは100キロを超える巨漢。関係ないか。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/20-e1661cb3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。