FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/38-cdbc91a1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

働きマン

「働きマン」連ドラ化!主演は菅野美穂
またもやマンガ原作ドラマきた。これは当たりそうな予感がぷんぷんする。主演が菅野美穂ってのもいいなー。すごく似合ってるんじゃないでしょうか。ドラマでも納豆巻きを食いまくってほしい。

知らなかったけど、原作がすでに300万部も売れてるらしいじゃないか。3巻まで300万部ってことは、1冊100万部売れてるってことか。ちょっと、どんだけぇ~。でも、確かに面白いマンガだと思います。読んでない人のためにWikipediaからストーリーの引用をば。

主人公の松方弘子は28歳独身。そして、週刊「JIDAI」編集部の女性編集者である。弘子は編集長や上司や同僚たちと一緒に右往左往しながらもいい雑誌を作る為に日夜奮闘する。寝食を忘れ、恋人との逢瀬もままならず、ジレンマに悩み、誰かとぶつかり……。それでもいい仕事をする為に、弘子は職場で、取材で、「働きマン」になる。

一所懸命に働く人に、男も女も関係ない。弘子や彼女に関わる人々を通して「仕事とは」「働くとは」を描いた漫画である。

ビジネスのシリアスな部分を描く中で、ちょっと首を傾げたくなるようなシーンがあったりするものの(取材源秘匿義務とかね)、そんなのはどうでもいいんですよ。ディテールが気にならないほどの、迫力や説得力があります。それは、主人公が理想的な働く女性像を通しきってるから。そういった意味で、このマンガは女版「島耕作」。夢を乗せてどこまでも行ってくれ。

近頃、4巻が出たみたいだから読まなくちゃ。俺は「働かないマン」だがね。

働きマン (1)働きマン (1)
(2004/11/22)
安野 モヨコ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/38-cdbc91a1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。