FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/81-2222efaf

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ケーナの材料はやっぱ竹か葦

そろそろ自分用の新しいケーナを作ろうと思ってます。いま吹いているのは日本の女竹で、ウチの親父さんがどこかから採ってきて、5年ぐらい倉庫に眠っていたもの。半年程前に製作しました。

でも、このケーナは良くもなく悪くもない中途半端な作りで、なにか物足りない感じがあります。まぁ、飽きちゃったっていうか。多少のクセがあるぐらいの方がいいのよね、愛着もわくし。今度は使う材料から真剣に考えたい。

メダケとホウライチクのケーナケーナに使われる材料にも様々ありますが、ここ数年は竹や葦が気に入ってます。もちろん、木のケーナも好きですよ。実際、マエストロス時代はずっと木製を使用してたし(ロランドが木を使うからってのもあるけど)、なんというか、竹や葦がマイブーム(死語?)なだけです。

竹や葦の良いところってのは、もともと中空の筒状であること。当たり前のように聞こえるかもしれないけど、これはエライことです。木の場合、中ををくり抜かなけりゃならんのですよ。めんどせえじゃん。

いやいや、竹や葦の本当に良いところは、それぞれがそれぞれの中空を作っていて、それとまったく同じ中空は存在しないということ。同じ材料で同じように作ったとしても、必ず違うものが出来上がるんです。面白くないですか?え?

これがしばしばドラマを生むんですね。例えば、材料をせっせと探してるうちに、素晴らしいと思えるものに出会ったとします。「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!」となって、慎重に設計し、精密を心がけた作業の末、ケーナが出来上がる。わくわくしながらいざ吹いてみるが、しかし・・・。「あれ、音程がおかしいぞ」「3オクターブ目が出ないぞ」なんてことはよくあります。惚れた材料であるが上、微調整を加え、立て直しを図ろうとするも、どつぼにハマり材料がパーになる。これは悲しい。泣ける。逆に、期待していなかった材料で作ってみると「あれ、これ意外にいいんじゃね?」ってことも。

まぁ、内壁を削ったりすることでけっこう修復できちゃうものなんですが、こういった予測できないハプニングも楽しもうってことで。後になればみんないい思い出だもの。竹や葦でのケーナ作り、簡単だしお金もかからないしお勧めです。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/81-2222efaf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。