FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/89-369cb127

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

オタクに憧れて

動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)
(2001/11)
東 浩紀

商品詳細を見る

読みました。タイトルは難しい感じだけど、読みやすく書いてあったので楽しかった。

自分がなんでオタクにならなかったかを考えると、パソコンの存在が大きい。もし、中学時代・高校時代にパソコンを持っていたら、多分今の俺はオタクだったと思う。残念、というか複雑な気分。

さて、俺は一応音楽をやってるので、オタクの音楽嗜好についてはかねてから興味がありました。それを考えたときに、どうしても分からなかったことが2つあって、

  1. なぜオタクはハードロック的なものが好きなのか
  2. なぜオタクはトランス的なものが好きなのか

もちろん、全員が全員そうではないことは分かってますが、かぶってる場合がほとんどだと思うんです。

1つ目のハードロック的なものとは、具体例を挙げれば(実はよく知らんのだが)、メタリカイングウェイヴァン・ヘイレンパンテラなど。特徴はエモーショナルなメロディーラインと、ギターの早弾きやツインドラムに見られるスピーディーな演奏。アニメタルっていうバンドが注目されたのも示唆的だった(のかも)。

2つ目のトランス的なものとは、具体例を挙げれば(実はよく知らんのだが)、オタク系アニメで使われる主題歌やエンディングテーマなど。特徴はエモーショナルなメロディーラインと、トランスで好まれて使われた音色とバッキングの融合。ギャルの間でもトランス的なものが注目されたのも示唆的だった(のかも)。

本著にオタクと音楽の関係が語られた部分はないけれど、読み終わってからこの疑問を自分なりに整理できた。どちらの音楽も本文中の表現を借りれば、効率よく感情が動かされるための方程式に則っているのです。小さな物語への欲求、それなんだと思いました。

そして、オタクの間では民族音楽に関心を持つ人も少なくないようです。ゲーム音楽にケルトが使われ好評を得ていることにも見て取れます。実はこの嗜好も表面上、エキゾチックに聴こえる部分が切り取られて評価されてるかもしれないと思いました。

いささかオタクを否定的に捉えていると思われるかもしれないけど、そうじゃないです。むしろ、新人類のあとの新人類、もしくはニュータイプとも言えるような新しい人間であると感心しています。

ワイニョを初音ミクに唄わせてみたらどうかと一瞬考えたけど、萌えのデータベースを共有していない俺には、オタクの琴線に触れる作業はできそうもないな、と。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kiomushi.blog113.fc2.com/tb.php/89-369cb127

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。